ひとたび南の島のサンゴ礁に潜るとその綺麗さに心躍るだろう。
サンゴの種類が多いことにも驚く。西表島  水深7m
これはソフトコーラル、柔らかいサンゴの仲間。種類も豊富だ。沖縄島・北谷町沖  水深5m
サンゴの根にスカシテンジクダイが群れる。西表島  水深10m
そして生息する魚の色鮮やかさにも感動するだろう。瀬底島  水深7m
リュウキュウキッカサンゴの群棲にユタカハタの鮮やかさが映える。西表島  水深15m
赤・黄色のイソバナにキンギョハナダイが群れる。水納島は美しい海だ。水深20m
アカネハナゴイとハナゴイが群れる。西表島の海は素晴らしい。 水深10m

これは南の海に限ったことではなく、伊豆の海でも同じなのだ。
ソフトコーラルや海藻やイソギンチャクも鮮やかだ。
トゲトサカに潜むスケロクウミタケハゼ。井田  水深23m
真っ赤なヤギにイバラタツ。西伊豆・井田のレギュラーメンバー。水深  25m
サンゴモ科ヘリトリカニノテの群棲にいたアカエラミノウミウシ  体長約1.5Cm。井田  水深3m
フトヤギに乗ったクダゴンベ。井田  水深24m
フトヤギにいたネッタイミノカサゴ幼魚。井田  水深22m
ヤギの間にいたカサゴ。反逆光のライティングで撮影。富戸  水深24m
派手な色彩のニチリンイソギンチャクに共生するイソギンチャクエビ。八幡野  水深20m
ニクイロクダヤギに潜む体が透明なアカスジカクレエビ。井田  水深22m