金沢・兼六園

長距離撮影行の中間に一泊ホテルにて投宿した。
【天然温泉 加賀の宝泉 御宿 野乃 金沢】
金沢市街の観光中心地で天然温泉大浴場が付いているのが良かった。
ホテルから徒歩数分の近江市場に着いた時はもうすでに夕方で店はほとんど閉店していた。
唯一開店している市場の二階の居酒屋で夕食。ここで食したノドグロの塩焼きは美味かった。
翌朝少し早く起きて兼六園に撮影に出かけた。
金沢城の外庭として作られた前田家ゆかりの「兼六園」である。岡山の「後楽園」や水戸の「偕楽園」と並ぶ日本三名園の一つとして特別名勝に指定されているのでやはり一度は見ておきたい。
霞ヶ池、虹橋(琴橋)の先に徽軫灯籠(ことじとうろう)、奥に内橋亭を望む。
内橋亭。
岸辺に建つ茶室と、池に浮かぶ水亭の2つの部屋から成り、その間にかかる橋が名前の由来となっている。別名「鯰之亭(なまずのてい)」とも呼ばれる歴史ある建物。
蓬莱島(ほうらいじま)
霞ヶ池に浮かぶ島で、加賀前田家の永遠の繁栄を願い、霞ヶ池を海に見立て、蓬莱島を不老不死の島である神仙島に例えている。
ラジオ塔。
日本放送協会(NHK)が公共放送普及のために昭和8年に設置したもので名古屋局の放送を受信して流していた。
瓢池(ひさごいけ)、海石塔、三芳庵。
海石塔は、笠石(かさいし)(塔の一番上に乗っている石)が海中から採取した虫食い石であることから、この名前が付いている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA